店主のうんちく

HOME > 会社概要 > 社長挨拶:店主のうんちく

小嶋屋総本店 三代目
こだわり続けて新世紀

健康志向・回帰志向が強まつてきた昨今ですが、私どもはこれを単なるブームとは考えておりません。外食の長い歴史をみてみると戦前は別として、戦後はとにかくおなか一杯になることに誰もがあこがれていました。物のない時代、質より量という悲しい時代です。

その後日本経済の成長とともに先人たちの生活の知恵や工夫、そして歴史をないがしろにして、欧米風の食生活が中心となってきました。アメリカの占領下においてアメリカの国益のために食肉の振興や小麦の輸入政策が進められ、このようなアメリカの国力維持の方策に慣らされた日本人が、食生活に対して誤った知識を身につけてしまつたのではないのでしょうか。また欧米に追いつけ追い越せという国をあげての意志統一のもと、欧米へのあこがれで日本の食生活が変わってしまいました。
では、これらの時流がもたらしたものは何でしょう。

小嶋屋総本店三代目 こだわり続けて新世紀小嶋屋総本店 小林重則

飽食の時代と生活習慣病

飽食の時代と言われて久しいですが、本当に人々の生活は豊かになったのでしょうか。昭和50年代から60年代にかけていわゆるジャンクフードと呼ばれるハンバーガーやファーストフードがもてはやされ、食事を楽しむことなくむさぼり食い、脂肪過多の調理と化学調味料に慣らされ、しかもその結果、今や小学生までが生活習慣病に悩まされているようです。

小嶋屋総本店の誓い

あの時代はモノの時代です。カネの時代です。そして欲の時代です。自分たちの利益のために食生活を変え原材料を変え、カロリーが高い反面内容の貧しい食を提供し続けてきたのだと思います。そんな時代にも私たちは私たちなりに、昔通りのそばをつくり続けてきました。そして今も同じそばをつくっています。
もちろん21世紀にも、同じ姿勢で同じそばづくりをしていきます。それが小嶋屋総本店の誓いです。

フノリの効果

私たちのそばはフノリでつないでいます。フノリは近年、生活習慣病の予防に役立つとの研究結果や、まだはっきりとは解明されていないものの抗がん作用もあるとの研究発表もされています。またそば粉には良質の蛋白質とルチンが含まれ、毛細血管の弾力を守り、血圧の低下などに効果があるといわれています。

昔ながらのそば

小嶋屋のそばは、そのそば粉に混ぜ物をしない本物のそばなのです。
このように昔ながらのそばが、現代において大変貴重な食べ物であることが次々と判明し、先人たちの知恵には感謝することばかりです。

小嶋屋総本店 小林重則小嶋屋総本店 小林重則

おもてなしの心

また、小嶋屋ではサービスについても本物のおもてなしをしていきます。無機質な接客は、おもてなしではありません。本当に心からゆったりとできる、ほっとするようなサービスにもっと磨きをかけていきます。
そして「お客様は神様です。従業員はお客様へ滅私奉公しなさい」という経営はしません。従業員が心からお客様に感謝することができなければ、本当のおもてなしにはならないからです。従業員ひとりひとりのささやかな幸せなくしては、心の底からお客様に感謝できないと考えるからです。

おもてなしの心

私たちの務め

おかげさまで、小嶋屋総本店は創業以来80余年お客様に支えられ今日を迎えております。今後も初代・重大郎の「誠意」「創意」「熱意」の社是を基に本物のそばをご提供していくことが私たちの務めだと信じてやみません。そしてまた小嶋屋総本店では現在、行政を含め地元の農家、JAの皆さんと協力し、転作作物としてのそばづくりを研究中です。
このことは、地元産そばの生産を軸に「魚沼産そば」を全国ブランドとしてご提供できるよう、地域が一体となって熱く取り組んでいる事業です。

私たちの務め

「安心・安全・健康・本物」

このようなことをふまえ、小嶋屋総本店はこれからも、「安心・安全・健康・本物」をキーワードに、より多くのお客様、そして従業員や社会のために、現状に満足することなく質の向上を図ってまいります。

2002年4月吉日
株式会社小嶋屋総本店
代表取締役社長 小林 重則
安心・安全・健康・本物