会社概要・沿革

HOME > 会社概要 > 会社概要・沿革

創業から100周年へ―
伝え続けた、歴史と伝統を皆様へ

会社概要

社名 株式会社小嶋屋総本店
所在地 新潟県十日町市中屋敷758-1
代表者 代表取締役社長 小林 重則
創業 大正11年(1922年)
設立 1971年11月
Tel 025-768-3311
Fax 025-768-3456
資本金 1000万円
従業員数 300名※製造工場勤務は総勢20名
事業内容
  • 飲食店経営「小嶋屋総本店(日本そば店)」・「旬彩和膳 一翔(そば居酒屋)」
  • 日本そばの製造、販売(卸売、通信販売)
    ・布乃利生そば ・布乃利小嶋屋そば(乾麺) ・魚沼手繰りそば(乾麺)等

沿革

  • 大正11年

    初代小林重太郎が農業の傍ら中魚沼郡川西町木島町において、日本蕎麦専門店として小林の姓から「小」、木島町の「島」を取り「小島屋」を開業する。

  • 昭和6年

    国鉄(現JR)の信濃川発電所(旧千手村・現十日町市川西地区)の建設工事着工に伴い、建設工事現場近くに初の分店を出店する。(昭和29年、工事終了と共に閉店)

  • 昭和21年11月

    二代目小林申一が復員後小嶋屋に従事する。

  • 昭和30年4月

    十日町市高田町、十日町市四日町に蕎麦取り次ぎ所を開設する。

  • 昭和46年3月

    乾麺製造、販売を開始する。

  • 昭和46年11月

    個人商店であった小嶋屋本店を法人組織とし、有限会社小嶋屋本店を設立する。
    法人化に伴い、称号を「小島屋」から「小嶋屋」に変更・統一する。
    資本金500万円 代表取締役に小林申一が就任する。

  • 昭和49年12月

    経営規模の拡大に伴い、倍額増資を行い資本金を1,000万円とし本社所在地に本社店舗を新築する。

  • 昭和51年4月

    現社長小林重則 専務取締役に就任する。

  • 昭和56年3月

    柏崎市駅前に柏崎店を開設する。

  • 昭和62年11月

    製粉工場の増改築を行い、石臼3台を増築し、品質の向上を図る。
    乾麺及び生麺の製造工場を新築する。

  • 昭和63年4月

    乾麺製造設備等を増築し工場の近代化を図る。
    有限会社を株式会社にするとともに商号も併せて変更し、株式会社小嶋屋総本店とする。

  • 平成4年1月

    新潟市の販売拠点を充実するため、株式会社越後小嶋屋(資本金2,000万円)を設立し「亀田店」を出店する。

  • 平成5年4月

    小林重則 社長に就任する。

  • 平成7年7月

    株式会社越後小嶋屋の二店目として燕市に「県央店」を出店する。

  • 平成8年10月

    企業体質の強化を図るべく、株式会社越後小嶋屋を株式会社小嶋屋総本店に一本化する。

  • 平成8年12月

    第二工場増設ならびに乾麺製造、包装ラインを一新する。

  • 平成9年4月

    新潟市に小針店を出店する。

  • 平成11年7月

    二毛作業態に新規参入。
    柏崎市に「一翔柏崎店」(そば居酒屋)一号店を開店する。

  • 平成13年11月

    新潟市に「一翔女池インター店」を出店する。

  • 平成14年11月

    長岡市に「長岡喜多町店」を出店する。

  • 平成17年6月

    十日町市の総本店を新築移転する。(席数146)

  • 平成17年10月

    新潟市に「松崎店」を出店する。

  • 平成20年10月

    新潟市の亀田店を新築移転し、亀田インター店として開店する(席数106)。

  • 平成23年10月

    ISO9001を認証取得する。

  • 平成25年3月

    製麺工場「へぎそば工房」を新築する。生そば・乾麺の製麺ライン、乾燥室や包装ラインを一新する。

  • 平成26年3月

    長岡市の長岡喜多町店の増床工事を行う。(席数106)