事業案内

HOME
新工房「へぎそば工房」

工場には、このエアシャワー室を通って入ります。食品工場として、衛生面に細心の注意を払って日々業務に取り組んでいます。


製麺工程です。機械による自動化がされていても、麺は生き物。オペレーターの厳しい品質チェックに合格したものだけが、次の工程にまわります。「お客様に美味しいおそばを食べてもらいたい。」その気持ちは、直接お客様に会う機会が少ない製造部門のスタッフも同じです。

乾麺の乾燥工程です。手間は掛かりますが品質を重視し、一昼夜じっくりと熟成乾燥させます。室温や乾燥時間も徹底して管理しており、そば本来のおいしさを最大限に引き出します。


乾燥工程を終えた麺は、小袋に箱詰めされます。ここでも小嶋屋総本店の品質基準を満たしているか最終チェックが行われ、合格したものだけがようやくお客様のもとへ送り出されます。お客様に喜んでいただきたいからこそ、最後の最後まで心を込めて作業を行っています。

ページの先頭へ